トップページ>卒業生の進路

卒業生の進路

卒業生の進路

本専攻の進学・就職状況について

学部生の多くは大学院へ進学

本専攻の学部生は、ほとんど大学院に進学します。大学院では、4年生での卒業研究をさらに継続して行う場合がほとんどです。大学院生のなかには、自分のテーマと関連させて宇宙航空研究開発機構や航空宇宙関連企業との共同研究を行っている人もいます。

航空宇宙工学の中心地という強みを活かし、様々な産業分野で活躍

本学航空宇宙工学コースは、日本の航空宇宙工学の中心地にあるというメリットを活かし、毎年多くの学生が航空宇宙産業へと就職し、活躍しています。また、航空宇宙工学は、航空宇宙産業のみならず、自動車・機械・情報・電気電子・造船・電力など幅広い分野で応用されています。そのため、それぞれの分野のエンジニアとして活躍しています。

修了生の主な就職先

三菱重工業 26 名、 川崎重工業 15 名、 トヨタ自動車 12 名、 デンソー 11 名、 IHI 8 名、 三菱電機 7 名、 宇宙航空研究開発機構 5 名、 アイシン・エィ・ダブリュ 4 名、 本田技研工業 4 名、 全日本空輸 3 名、 豊田自動織機 2 名、 日本航空インターナショナル 2 名、 西日本旅客鉄道 2 名、 損保ジャパン 1 名、 シマノ 1 名、 ジャムコ 1 名、 日立製作所 1 名、 LGイノテック 1 名、 Rohm Semiconductor Malaysia(ローム) 1 名、 伊藤忠商事 1 名、 イビデン 1 名、 エステック 1 名、 リサイクルワン 1 名、 日本テクシード 1 名、 韓国 LG Electronics 1 名、 キヤノン 1 名、 京セラ 1 名、 近畿大学工業高等専門学校 1 名、 産業技術総合研究所バイオマス研究センター 1 名、 住友商事 1 名、 セイコーエプソン 1 名、 ソニー 1 名、 中日新聞社 1 名、 中菱エンジニアリング 1 名、 東海旅客鉄道 1 名、 東京電力 1 名、 東邦ガス 1 名、 東洋エンジニアリング 1 名、 日揮 1 名、 日産自動車 1 名、 日本ガイシ 1 名、 日本電気 1 名、 日本飛行機 1 名、 日本放送協会 1 名、 日立コンシューマ・マーケティング 1 名、 富士重工業 1 名、 富士ゼロックス 1 名、 ボッシュ 1 名、 松下エコシステム 1 名、 マツダ 1 名、 三井物産 1 名、 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 1 名、 三菱東京UFJ銀行 1 名、 ヤマハ発動機 1 名、 有限会社アーク 1 名、 計 143 名

航空宇宙工学専攻・コース 就職先一覧
(H18~H22年度学部・修士・博士卒/修了の合計)
以上のように、航空宇宙産業はもちろん、多くの分野で活躍しています。

▲ 上へ戻る

名古屋大学大学院工学研究科/航空宇宙工学専攻