トップページ>航空宇宙工学コース

学部:航空宇宙工学コース

航空宇宙工学コース

創造性と柔軟性に富む思考力と実行力の育成

創造性と柔軟性に富む思考力と実行力の育成

航空宇宙工学コースでは、新しい問題に直面したとき、それに果敢に取り組んで行くことができる創造性と柔軟性に富む思考力と実行力の育成を目指しています。その意味で学部教育をその基盤と考えています。全学教育科目における、理系基礎科目(数学、物理、化学)、英語を中心とした言語文化科目、文系基礎科目・文系教養科目は、入学後最初に修得する基礎学力として重要です。単に記憶に頼るのではなく、思考力の養成や方法論の修得を通じて、自分の幅を広げることが肝要です。

今後の専門科目と将来の礎となる基礎を学ぶ

今後の専門科目と将来の礎となる基礎を学ぶ

航空宇宙工学特有の専門科目を勉強する前に、機械・航空工学科の各コースに共通する、材料力学、熱力学・伝熱工学、流体力学、振動工学、制御工学、計算機ソフトウェア・情報基礎論、電磁気学・電気電子回路等の科目を勉強します。それらを通じて、数学や力学のような基礎科目が工学にどのように応用されるかを学びます。これらは、今後の専門科目の基礎となるばかりでなく、将来の仕事においても有用です。

コース特有の専門性の高い勉強
コース特有の専門性の高い実験

コース特有の専門性の高い勉強と実験

次のステップで航空宇宙工学に直接関係する専門科目を学びます。航空宇宙工学では、「より軽く、より強い」機体で、「より速く、より高く」飛行することをモットーに、常に新しいものを追求しています。航空宇宙機の設計・製造・運航に関連して、材料・構造工学、飛行制御、飛行力学、流体力学、推進工学、気体力学などコース特有の専門科目を勉強します。3年の前期・後期では、これらの科目に基づいた実験も用意され、実際の現象を各自が手を動かして体験します。また、その結果をレポートにまとめ、論文や報告書作成の技術を磨く訓練を行います。将来航空宇宙分野で活躍するためには、これらの理論と実験が大事な基礎となりますが、個々の分野を統合化して物事をシステムとして考える努力が求められます。これに関連して、三菱重工、川崎重工、富士重工、石川島播磨重工、 JAXAなどからの非常勤講師による最新の航空宇宙技術の講義があります。また、3年生の夏に行われる工場実習や、工場見学へ参加することにより、航空宇宙工学を応用した製品について勉強します。

総合的な実践能力を身に付ける卒業研究

総合的な実践能力を身に付ける卒業研究

4年生での卒業研究は、比較的長期にわたりひとつの研究テーマにじっくり取り組むことのできる貴重な機会です。理論・計算・実験による解析、セミナーや研究室での討論文献調査、学会出席・発表を通じ、総合的な実践能力を身に付けます。

▲ 上へ戻る

名古屋大学大学院工学研究科/航空宇宙工学専攻